Read Article

広告

日本には本当のリベラルは存在しない。いるのは反日だけ

 

 日本には保守の考えを持った政党(自民党)や人たちに反対する勢力がいます。例えば日本の政党で言えば民進党や共産党です。少し前まで話題になったシールズの若者たちも共産党が裏から支援をしていると言われています。

 また、先の仙台市長選では共産党が支援する郡和子氏が勝ちましたが、そういう意味では仙台市民も反日勢力といってもいいかもしれません。共産党は公安調査庁の調査対象団体に指定されていて、今でもマークされている対象です。そういう団体が支援する人に票を入れるわけですので、仙台市民もそう見られてもおかしくはありません。

 共産党が破防法に基づく調査対象団体であるとする当庁見解

 

 共産党は,第5回全国協議会(昭和26年〈1951年〉)で採択した「51年綱領」と「われわれは武装の準備と行動を開始しなければならない」とする「軍事方針」に基づいて武装闘争の戦術を採用し,各地で殺人事件や騒擾(騒乱)事件などを引き起こしました(注1)。

 その後,共産党は,武装闘争を唯一とする戦術を自己批判しましたが,革命の形態が平和的になるか非平和的になるかは敵の出方によるとする「いわゆる敵の出方論」を採用し,暴力革命の可能性を否定することなく(注2),現在に至っています。

 こうしたことに鑑み,当庁は,共産党を破壊活動防止法に基づく調査対象団体としています。
公安調査庁のホームページより引用

 話が逸れましたが、本来であれば日本もアメリカのように共和党(保守)と民主党(リベラル)と別れてもいいようなものですが、日本の場合は「保守」対「反日」という区分しかありません。

 本来は保守もリベラルも、国を想って発言や行動をするのが「普通」です。しかし、日本でリベラルと言われている人たちはどうなのか。沖縄で基地反対運動をしている人たちをリベラルと呼んでいる人がいますが、本当なのか?民進党は政権時代、リベラルな政策を連発しましたが、リベラルと呼べるでしょうか?

 ずばり言うと彼らはリベラルではなく「反日」にすぎません。例えば基地反対運動をしている目的は日本国民のためではなく、「アメリカ軍を日本から追い出して、中国が占領しやすいようにするため」です。フィリピンを見れば分かりますが、アメリカ軍が撤退した途端に中国に領土を占領されています。つまり、基地反対運動を行っている人たちは反対運動ではなく反日運動をしているわけです。

 女性宮家の創設を説いている民進党も「反日」です。政権時代、外国人参政権を実現させようとしていたことからも分かります。

 日本は2017年現在で2677年続いている国です。その中心には天皇がいるわけですが、全て男系の血です。これを崩すには女性宮家が手っ取り早いのです。例えば佳子内親王殿下が将来、結婚し、女性宮家になったとします。その結婚相手が外国人だったらどうなるでしょうか。そうすると、その外国人が将来天皇になる可能性が出てくるのです。そうなった場合、日本の伝統は一端ここで終わり、外国人天皇の元で新たな国が生まれることになります。これを共産党や民進党は狙っているのです。もちろん、裏には中国がいます。

 民進党は上手いこと、天皇陛下の譲位を可能にする特例法案に女性宮家の創設を付帯決議に入れることに成功しました。これが上手く行った理由は自民党の中にも反日勢力が存在するからです。例えば自民党の二階俊博氏は中国と親密で、江沢民の石碑を地元和歌山に建てたいと強く思っているほど中国と仲良しです。

天皇陛下の譲位を可能にする特例法案に関連し、女性宮家に関する記述を付帯決議案に盛り込むよう求める声も勢いを増した

自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は17日の会談で、特例法案の審議に入る前に付帯決議案を野党とまとめるよう努力することを確認した。

産経新聞より引用

 本当のリベラルは国を守るために戦争を始めることもあります。民主党(リベラル)であるジョンFケネディがベトナムに介入した経緯を見てもお分かりだろう。日本の反基地運動家は戦争反対と叫んでいますが、本当のリベラルであれば本来は基地反対を叫ぶのはおかしいのです。国を守るためであれば基地も必要だし、抑止力も必要なのです。あんな小国の北朝鮮にアメリカが手出しできないのも、北朝鮮が核を持っているからです。

 沖縄の基地反対運動が成功して、アメリカ軍が撤退したらどうなるのか。当然、中国軍が占領しようと狙ってきます。それが成功した暁にはチベットやウイグルみたいに数十万人が殺されることになります。だいたい、占領したらその地域の人たちを10分の1殺すので、沖縄であればだいたい14万人が殺される計算です。これが平和でしょうか。私にはそう思えません。

 保守もリベラルも関係なく、日本のために何ができるのかを考えていきましょう。2017年10月には選挙があります。私は今の憲法を変えるべきだと思っているので、当然自民党に入れます。選挙という場は意見表明をする場ですので、自分の考えに同調する人に1票を入れてください。日本の選挙史上でも一番大事な衆議院選挙になります。

[参考記事]
「日本国が日本人を守れない理由とは。私は日本を捨てます」

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top