Read Article

広告

平和憲法の武器はファックスとライン。これがあれば防衛できます

 

 日本の反日勢力といえば皆さんは何を思い浮かべますか。思想によって思い浮かぶ対象は違うでしょうが、私の頭に浮かぶのはパチンコ業界です。

 パチンコは朝鮮系の人たちが経営していることが多いのは周知の事実です。そして、その儲けたお金を北朝鮮に送っているのも事実です。93年当時の外務大臣武藤嘉文氏によるとそのお金は数千億円です。パチンコ業界から集めたお金を朝鮮総連を経由して、北朝鮮に送っていると言われていますが、今は少し事情が違います。

 維新の会の丸山穂高議員によると現在では中国などを迂回して北朝鮮にパチンコ資金を送っているとされていて、だからトランプ大統領が北朝鮮と関係のある中国系銀行の口座を凍結すると言っているのです。実際に凍結をしましたが、凍結したのはまだ、中国系の銀行でも小さい銀行だからいいようなものの、本丸の中国国営銀行の口座を抑えられたら、北朝鮮は資金が枯渇して暴発するかもしれません。

広告

平和憲法の武器はファックス

 パチンコに行っている人もミサイル資金を援助しているようなものですから反日です。中には生活保護のお金を使ってパチンコに行っている人もいて、それが周りに周って北朝鮮のミサイルや核開発の資金になっているということです。生活保護費は税金ですから、日本の税金でミサイルを開発して、そのミサイルが日本列島を超えるという、なんとも日本人はアホですね(笑)それで、北朝鮮に「厳重に抗議した」って言うけど、知っていましたか。抗議の方法は「ミサイルを撃つのはけしからん」っファックスを流しているだけです(笑)これは自民党の青山繁晴さんが言っていたから事実です。

 日本は日本国憲法という「平和憲法」があるから、ファックスで防衛するしかないのです。日本列島を超えたミサイルの報復がファックス!「今度またミサイルを日本列島に飛ばしたら、今度はファックスを3枚送っちゃうぞ」ということでしょうか。確かに弾道ミサイルよりもファックスの方が早く、相手国に届きます。

北朝鮮の装備→核や細菌搭載型弾道ミサイル
日本の装備→ファックス

 どちらが、勝つがお分かりですよね。もちろん….日本です。だって、平和憲法があるんですから、ミサイルが日本に落ちるわけがない。それと日本は技術立国ですので、ファックスの性能はすごく高いです。文字ボケもありません。

 ミサイルが日本列島を超えてしまったのはファックスの枚数が足らなかったから。もっと、感情に訴えて、金正恩氏を説得したら、きっと分かってくれます。枚数を増やして説得しましょう。だから憲法9条の改正なんて必要ありません。

 これが憲法9条を頑なに守る人たちのアホさ加減です。大げさにアホっぽく書きましたが、大きくは外れていません。憲法9条の改正しないと拉致被害者を取り戻せないのに、憲法9条が大好き。安保法制があるではないかと言いますが、これは「北朝鮮の同意」がなければ自衛隊が動いて拉致被害者を取り戻せないという欠陥法制です。あっ、そういえばファックスがあるではないですか。「自衛隊が拉致被害者を取り戻しに行きたいのですが、いつがいいですか」ってファックスを送れば北朝鮮はOKしてくれる……かもしれませんね。

 日本列島をミサイルが超えてもまだ日本国憲法9条を守りたい人、ある意味私は尊敬します。そういう人にお願いがあります。その中に技術者がいるのであればもっとファックスの性能を上げてください。

 北朝鮮の弾道ミサイルに平和憲法の条文を反射させるという技術を開発してもいいかもしれません。平和憲法の力で弾道ミサイルの軌道が逸れるかもしれません。でも弾道ミサイルはマッハ10くらいで落ちてきますので、高い技術力が必要です。

 これが平和憲法を持っている日本の生きる道です。

 書いていてアホくさくなってきましたので、これで終わりにしますが、ファックスでだめだったら、LINE(ライン)で抗議するのもいいと思います。ラインは韓国の企業が運営しているので、もしかしたら同じ朝鮮人の金正恩氏も使っているかもしれません。日本政府は「既読スルー」されても怒らないように。ガンバレ平和憲法!

[参考記事]
「北朝鮮をはじめ外国人に生活保護を与える日本は自滅」

URL :
TRACKBACK URL :

Comments / Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. これが800円ですか。
    悲しいものですね。

    • 私とあなたとでは収入の差がありすぎて、そう感じるだけですよ。
      あなたみたいな「卑怯者」は一生稼げませんよ(笑)
      あの場で言えばいいのに、コメントで言ってくるなんてね。

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top